フラーレン RSマーク

フラーレンのRSマークにはどんな意味があるの?

 

フラーレン配合化粧品には「RSマーク」というのが付いているものがあります。

 

「RSマーク」は、通称「フラーレンマーク」と呼ばれ、フラーレンの成分が1%以上配合されている商品に標記されます。
なぜ1%以上なのかというと、フラーレン成分がその期待される美容効果を発揮するのに、1%以上の濃度が必要とされるからです。

 

 

たとえ、1%以下の濃度であったとしても、フラーレン配合と標記されることもあります。
ですから、フラーレンの配合率が気になる方は、商品にRSマークが標記されているかどうかを見てみてください。

 

ただし、ここで注意する点があります。

 

RSマークがないからといってその商品に効果がないわけではありません。

 

 

化粧品には人それぞれ相性があり、効果もさまざまなのです。
だから、ある人にとっては相性抜群な化粧品があなたにとってはそうでもないことも十分にありえます。

 

フラーレンの配合率だけが高くても、ほかの美容成分とのバランスによっては効果が十分に期待できないこともあります。

 

 

一番重要なのは、あなた自身の肌にベストかどうかです。
もちろん、効果説明やレビューは化粧品選びには欠かせないものです。

 

 

しかし、それだけではないのです。
あなた自身の肌の状態や肌トラブルの程度に合わせて、しっかり見極めることが美肌への堅実な一歩なのです。

 

 

もし、あなたがフラーレン配合商品を購入する場合には、ぜひRSマークを化粧品選びの参考にしてくださいね♪

RSマークは、信頼できるフラーレン化粧品の証です